DOCTOR'S BLOG

ドクターブログ

神経を取った歯は痛くならない?

こんにちは!

歯科医師の宮崎です。

朝夜はまだまだ冷えますが、晴れている日は太陽が心地良く過ごしやすい日が増えてきましたね🔆

 

最近、患者さんからこんな質問を受けました。
👩「なぜ歯の神経を抜いているのにその歯に痛みが出るのですか?」

確かに、歯の中にある神経は冷たい物・熱い物の刺激を感じ取っ たり、 むし歯菌が神経にまで感染すれば痛みを感じたりします。

だから、神経を抜いてしまえば痛みを感じなくなるのではないかーー
そう考える方は少なくないと思います。

 

ただ、歯は骨に植わっていますが直接くっ付いている訳ではなく、

「歯根膜」

という膜が一層介在しています。

歯根膜は
何かに触れている感覚
噛んでいる感覚

などの感覚を司っています😌

 

例えばその「歯根膜」に炎症が起こってしまったら…

歯の神経を取っていてもかんだ時や
何もしてなくても痛みが出る

という症状に繋がるわけです⚡️

また、神経を取っても根の先から膿んでしまうことがあります。

その膿が痛みの原因になることもあるのです😖

  • さらに歯が割れてしまった時、そこから感染して膿んで痛みが出たりなど、 神経を取っていても痛みが出る原因は実はたくさんあります💦

 

 

神経を取った歯はどうしてももろくなり、健康な歯と比べると寿命は短くなってしまいます😞

そうならないように定期検診でむし歯ができていないか、 リスクのある歯はないのか把握しておくことが重要です‼️

  • 問診表ダウンロード

    大人用問診表ダウンロード

    子ども用問診表ダウンロード

  • みんなが知りたい 歯の相談室
  • 24時間受付 無料メール相談
  • 納得できる治療を選択するための セカンドオピニオン
  • お知らせ
  • ブログ・コラム
  • ドクターブログ
  • 研修報告
  • フェイスブック
  • ライン@
ページの先頭へ戻る