DOCTOR'S BLOG

ドクターブログ

小さい範囲の虫歯治療🦷

副院長の瀬川です

私は花粉症なので、花粉が飛んできそうな季節でソワソワしてしまいます。

今日は小さい範囲の虫歯治療についてお話しさせてください。

お口の中のトラブルには虫歯があります。

虫歯はできてしまうと勝手に元に戻る事は無い病気です。

虫歯はお口の環境によって進行しない事もありますが、進行する事もある病気です。

虫歯の治療は虫歯の状態やお口の中の環境によって行う治療は異なってきます。

通常は清掃をしてから、乾燥させて肉眼的に問題がないか確信して、補助的にレントゲン撮影を行い総合的に歯の状態を確認して診断しています。

虫歯の範囲が小さく、しっかり清掃できる状態で虫歯が進行しにくい時は虫歯は治療はせず経過観察をする事もあります。

虫歯の範囲が大きく、清掃困難で汚れが残ってしまう場所は虫歯が進行してしまう可能性が高いのでそのような場合は症状がなくても治療をお勧めする事もあります。

虫歯の範囲で治療方法が異なり、

また、歯の強度、その人の咬む力の強さなどで処置も変わってきます。

虫歯の範囲が小さく、歯の強度が保てる時は樹脂を使った治療方法で治療を進めます。

この治療法を充填処置と呼びます。充填処置であればその日のうちに治療が終了することもあります。

また、虫歯の範囲が大きい時や、歯と歯の間が虫歯の時は治療法が複雑になります。

そのような時は歯の模型を作って治療をします。この治療法を修復治療と呼びます。

治療の流れは

虫歯を取る処置をして、歯の形を整えて、歯の型を採り 模型を作り

模型上で材料を作り できた材料を歯に合わせて調整確認し問題がなければ接着します。

当院では修復治療を行うときはお口にあった材料を説明させて頂く時間を設けております。どのような材料があるのかを知ってもらい、その後でご希望の材料を決めてから治療を進める流れになります。

注意点として歯の治療は基本的に歯を健康な状態の歯より良い状態になる事は無く

通常治療を行うと歯はダメージを受けます、必要ない歯の治療は歯に良くありません。

もし治療が必要であるならば再発しないようにお口にあった材料を選び、虫歯になった原因を探り改善して治療を繰り返さないようにする事が大切です。

  • 問診表ダウンロード

    大人用問診表ダウンロード

    子ども用問診表ダウンロード

  • みんなが知りたい 歯の相談室
  • 24時間受付 無料メール相談
  • 納得できる治療を選択するための セカンドオピニオン
  • お知らせ
  • ブログ・コラム
  • ドクターブログ
  • 研修報告
  • フェイスブック
  • ライン@
ページの先頭へ戻る