DOCTOR'S BLOG

ドクターブログ

”ほんまもん”の予防歯科

芦屋のむらまつ歯科クリニック 院長のむらまつです。

「予防歯科」という呼び名は、今では聞きなれた言葉になりましたね。

いつくらいから、この呼び名がポピュラーになって来たのでしょう?

私が歯学部生だった、約20年前(もうそんなになるかとしみじみ・・・)はまだ、一般的でなかったような記憶があります。

歯科での予防の対象になるのは大きく2つ、

虫歯と歯周病があります。

 

病気にはリスクというものが必ずあって、

例えば、

「タバコを吸っていると、肺がんになる確率が増えますよ〜」みたいなもので、肺がんのリスクはタバコ、ということがわかります。

同じように虫歯と歯周病にもリスクがあるのです。

つまり、このリスクに気をつければ虫歯、歯周病になる確率は随分減るわけです。

虫歯、歯周病には各々、3つのリスクがあります。

具体的には

虫歯のリスクは

①1日の食べる回数(飲み物も含む)が多い

②フッ素の使用頻度が少ない

③磨き残しが多い

 

歯周病のリスクは

①磨き残しが多い

②タバコを吸う

③糖尿病の方

の3つです。

 

虫歯や歯周病が心配であればこの3つに気をつけてください!

 

つまり、私の考える ほんまもんの予防歯科は

その方の

「リスクをまず把握し、改善し、維持し続けること」

から始まるのです!

 

注目したいただきたいのは、虫歯のリスクで、

当然、磨き残しがダメなんでしょう!と思われるでしょうが、

一番のリスクは「食べる回数」なんです!

 

磨いているけど虫歯になるのよね・・・

定期的に歯医者に行くけど、虫歯が次々できるのよね・・・

 

みたいなことを聞くことがしばしばありますが、

今の乾燥の時期、のど飴など舐めませんか?

ペットボトルで一気の飲むのではなく、ちびちび飲んでいませんか?

お口にものを入れるたびに、酸が発生し、歯を溶かしているのです。

なので、料理人の方で、味見を頻繁にするお仕事の方は、よく磨いていても、定期的に虫歯になることを良く見かけます。

 

逆に、歯周病は

1番のリスクである、

磨き残しを少なくすることで、大きくリスクを減らせます。

何事も1番のリスクを制するのが大切です。

 

当院では虫歯のリスクが高い方には「食習慣の記録」とってもらい、

歯周病のリスクの高い方には「磨き残し指数」を見てもらっています。

 

さあ、あなたも

ほんまもんの予防歯科を実践し、

永く、健康な歯で輝く人生を送りましょう!

 

むらまつ歯科クリニック

http://www.muramatsu-dc.com

0797-26-1081

 

  • 問診表ダウンロード

    大人用問診表ダウンロード

    子ども用問診表ダウンロード

  • みんなが知りたい 歯の相談室
  • 24時間受付 無料メール相談
  • 納得できる治療を選択するための セカンドオピニオン
  • お知らせ
  • ブログ・コラム
  • ドクターブログ
  • 研修報告
  • フェイスブック
  • ライン@
ページの先頭へ戻る