DOCTOR'S BLOG

ドクターブログ

知覚過敏

こんにちは🌞

歯科医師の宮崎です😊
まだまだ暑さが残る日が続いていますが、体調は崩されていませんか?

今回は知覚過敏についてお話します。皆さん一度は耳にしたことがあると思いますが、どうしてなるのかご存知ですか❓

 

アイスを食べたり冷たい飲み物を飲んだりすると、歯がキーンとする⚡️

虫歯はないと思うんだけど…と来られる患者さんは多くいらっしゃいます。

歯の中には神経が通っており、その神経の感覚が過敏になって痛みとして現れてくるのが知覚過敏の症状です😢

過敏になるだけで痛いの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ところが、歯の中の神経が持っている感覚は、痛覚(痛み)しかないのです⚡️

 

だから歯の中の神経に優しく触れようが強く触れようが激痛しか感じません😵

 

 

それでは次に、なぜ神経が過敏になってしまうのかーーー

 

原因はいくつかあります。

 

①歯ぎしりや食いしばり、常に上下の歯を接触させている(歯列接触癖)がある

②ブラッシング圧が強すぎる

③プラーク(歯垢)が付着している

 

 ①、②はどちらも歯に負担をかけすぎていることが原因です。

 

ですので

→①マウスピースを着ける、歯牙の接触時間を短くする

→②適切なブラシ圧にする、ブラシの種類を変える

ことが重要です🙌

 

③に関しては、ブラシ圧に注意しながらしっかり歯を磨くことが重要です。

 

症状の程度によっては抜髄(歯の神経を抜く処置)が必要になってくることもありますので、症状が出たら早めに教えて下さい🤔

 

また、虫歯ができてしまった際も、知覚過敏と同じような症状が出ることがありますので注意してくださいね‼️

 

  • 問診表ダウンロード

    大人用問診表ダウンロード

    子ども用問診表ダウンロード

  • みんなが知りたい 歯の相談室
  • 24時間受付 無料メール相談
  • 納得できる治療を選択するための セカンドオピニオン
  • お知らせ
  • ブログ・コラム
  • ドクターブログ
  • 研修報告
  • フェイスブック
  • ライン@
ページの先頭へ戻る